ナビゲーションをスキップする
BlackBerry ThreatVector ブログ

BlackBerry、「カナダで最も環境に配慮した雇用主」の 1 社に 6 年連続で選出

NEWS / 05.28.21 / Nigel Thompson

本ブログ記事は、2021年5月6日に米国で公開されたBlackBerryのブログ記事の抄訳版です。原文はこちらからご覧頂けます。

BlackBerry は、2021 年カナダで最も環境に配慮した雇用主の 1 社に選出されたことをお知らせします。この賞は、地球にやさしい会社方針と環境プログラムを採用しているカナダの企業の中から、特に先進的な取り組みを行っている企業に送られる賞です。従業員の積極的な関与も選考条件となり、選出はこれで 6 年連続です。

BlackBerry の上級副社長兼チーフエリートカスタマーサクセスオフィサーである Neelam Sandhu は次のように述べています。「BlackBerry は、『カナダで最も環境に配慮した雇用主』に選ばれたことを光栄に思います。弊社は、ビジネス手法とプラットフォームを通じて、持続可能で公平な世界の実現に貢献のため、有意義な行動を取れるよう心掛けております。これはステークホルダー(利害関係者)のためであると同時に、私たち皆が属する国際社会のためでもあります。今年は、カーボンニュートラルの実現に向けて取り組んでまいります。」 

今年 14 年目を迎える「カナダで最も環境に配慮した雇用主」は、「カナダ雇用主トップ 100」プロジェクトがグローブ・アンド・メール紙と共同で開催している論説コンテストです。編集委員は、次の 4 つの基準で企業を評価し、受賞者を選びます。

  • 優れた環境プログラムを率先して実施しているか。
  • 環境フットプリントの削減に成功しているか。
  • 従業員がプログラムに積極的に参加しているか。また、各個人のスキルを活かせているか。
  • 従業員の率先した活動が、雇用主の社会的評価に結びつき、新しい人材を引き寄せる原動力となっているか。

 

BlackBerry の最高人事責任者である Nita White-Ivy は次のように述べています。「BlackBerry の環境フットプリントを削減する企業努力が実を結んだおかげで、『カナダで最も環境に配慮した雇用主』の 1 社に 6 年連続で選ばれたことは大変喜ばしいことです。弊社は、環境意識の高い企業文化を築くことに成功しています。その要因は、持続可能な社会を実現する革新的で率先した取り組みです。この取り組みは、地域社会と国際社会をより良くすることを目標とし、従業員がさまざまな形で関与しています。今回の結果は、クリーンで環境に優しい職場、さらにはそのような世界を実現しようとする、従業員の支援と尽力のおかげです。」

BlackBerry は、カナダ・オンタリオ州・ウォータールーに本社を置き、21 か国で 3,400 名以上の従業員を抱える企業です。今年、「環境に配慮した雇用主」賞に選ばれただけでなく、2020年には 11 の「雇用主」の賞に選ばれています。今回のこの賞は、企業の包括的な取り組みを評価し、国際的な「評判の雇用主」として称えるものです。評価基準の例としては、従業員のやりがいを高めるプログラム、共同体や文化を築く率先的な取り組み、健康とワークライフバランスの優先などがあります。

 

 

・お問い合わせ:https://www.blackberry.com/ja/jp/forms/enterprise/contact-us

・イベント/セミナー情報:https://www.blackberry.com/ja/jp/events/jp-events-tradeshows

・BlackBerry Japan:https://www.blackberry.com/ja/jp

Nigel Thompson

About Nigel Thompson

Nigel ThompsonはBlackBerryのプロダクトマーケティング バイスプレジデントです。