ナビゲーションをスキップする
BlackBerry ThreatVector ブログ

BlackBerry、CISA 主導の Joint Cyber Defense Collaborative に加盟。米国のサイバーセキュリティ強化に貢献

本ブログ記事は、2022年4月4日に米国で公開されたBlackBerryのブログ記事の抄訳版です。原文はこちらからご覧頂けます。

BlackBerry は米国のセキュリティ強化に向けた官民連携活動に尽力しています。その一環で、このたび Joint Cyber Defense Collaborative(JCDC)に加盟したことをご報告します。JCDC は米国のサイバー防衛機関である Cybersecurity and Infrastructure Security Agency(CISA)が主導する組織です。

バイデン大統領による サイバーセキュリティに関する大統領令(2021 年 5 月)。先日公開されたホワイトハウスのサイバーセキュリティファクトシート (2022 年 3 月 21 日)。サイバー攻撃のリスクと影響を軽減すべく先手を打って米国の能力を高める手段を開発する JCDC の取り組み。BlackBerry の予防ファーストかつ AI 主導のサイバーセキュリティアプローチは、こうした取り組みに合致するものです。JCDC はパートナー(連邦・州政府、地方政府、部族政府、海外領土、および民間部門)をまとめ、サイバー防御アクションを一本化することで、今後サイバーインシデントが拡大するリスクを引き下げます。

共同の計画、準備、情報共有を通じて米国のサイバーセキュリティ防御を強化するため、BlackBerry は独自の幅広い能力と専門知識を重要な共同事業に提供してまいります。


共に課題に立ち向かう

デジタル化が進んだ現代社会では、米国の社会インフラと国家重要機能(NCF)に対するサイバー攻撃のリスクがかつてなく高まっています。例として、物流、電気通信、医療、エネルギー、金融サービス、食料と水の供給などの分野が挙げられます。そのため、JCDC のような業界一丸となった官民連携のパートナーシップは極めて重要であり、弊社の人材を優先的に提供しています。

取り組みの中で、弊社はエンドツーエンドのAI 主導型サイバーセキュリティと IoT に関する多分野での専門的な知見に加えて、ミッションクリティカルな環境向けに安全認証取得済みのセキュアな組み込みシステムを長年構築してきた経験を活用します。米国の社会インフラ、政府機関、サプライチェーン、ビジネス、国民を守るべく、CISA や JCDC パートナーと協力して取り組みを進めていきます。

JCDC の任務は「官民協力によるサイバー防御計画、サイバーセキュリティ情報の統合と分析、サイバー防御ガイダンスの目的意識を持った発信を主導することで、国家重要機能のサイバーリスクを低減する」ことにあります。この重要な任務は、「場所を問わずインテリジェントなセキュリティを提供することで、前向きな変化をもたらし、イノベーションを支援する」という BlackBerry の使命とも一致するものです。

弊社は JCDC の一員として協力の機会を歓迎し、米国の経済、社会、競争力を支える公企業、私企業、業界のセキュリティ強化に取り組んでまいります。
 

・お問い合わせ:https://www.blackberry.com/ja/jp/forms/enterprise/contact-us

・イベント/セミナー情報:https://www.blackberry.com/ja/jp/events/jp-events-tradeshows

・サイバーセキュリティチームによるコンサルティング: https://www.blackberry.com/ja/jp/services/blackberry-cybersecurity-consulting/overview

・BlackBerry Japan:https://www.blackberry.com/ja/jp

John Chen

About John Chen

John Chen は、BlackBerry Limited の会長兼最高経営責任者として、ビジョンと目標の定義、戦略の設定、企業目標に沿ったチームの業務遂行の責任を担っています。2013 年 11 月に任命されて以来、ハードウェアの象徴的存在からソフトウェアのリーダーへと戦略を変更し、BlackBerry を率いています。現在、企業向けサイバーセキュリティと組み込みソフトウェアの成長を原動力とし、モバイルセキュリティでのブランド力と蓄積された知見を活用し、数十億の接続デバイスと巨大な可能性を秘めた市場を持つ新たなカテゴリー、モノのエンタープライズ (EoT) を強化する準備が整っています。

John Chen は、40 年以上のエンジニアリングとマネジメントの経験、ターンアラウンド(事業再生)の実績、テクノロジー産業だけでなく他の産業からも優れたリーダーとして認められた高い評価を買われて、BlackBerry に招かれました。BlackBerry に入社する前は、Sybase 社の会長兼最高経営責任者として同社を再建し、55 四半期連続で収益を高め、15 年間の在職期間中に株主利益を最大化しました。

政策に強い関心を持つ世界的なビジネスリーダーでもあり、米中貿易関係について議会で証言し、当時のジョージ・W・ブッシュ米国大統領から輸出評議会の委員に任命されました。2006 年には、Secure Borders and Open Doors 諮問委員会の共同議長に任命されました。さらに、戦略国際問題研究所 (CSIS) の米中政策諮問円卓会議の議長、2012 年から 2018 年まで米中関係全国委員会の理事、1997 年から百人委員会の委員、2009 年から 2011 年まで同委員会の議長を務めています。

ブラウン大学を極めて優秀な成績で卒業し、同大学で電気工学の学士号を、カリフォルニア工科大学 (Caltech) で電気工学の修士号を取得しました。上海大学の名誉教授であり、サンノゼ州立大学、香港城市大学、香港科学技術大学から名誉博士の称号を授与されています。米国・アジア研究所、米中政策財団、カリフォルニア・アジアビジネス協議会、米国・アジア系アメリカ人商工会議所教育財団から数多くの賞を受賞しています。

ウォルト・ディズニー・カンパニー (2004 ~ 2019 年)、ウェルズ・ファーゴ (2006 ~ 2018 年) で取締役を務めました。また、非営利団体でも活動しており、カリフォルニア工科大学の役員、米中関係全国委員会の委員、外交問題評議会 (CFR) の委員、ザ・ファースト・ティの全国評議員、サンフランシスコ交響楽団の理事を務めています。